(仮称)山口広助のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の山あるき

<<   作成日時 : 2018/03/12 09:30   >>

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の山あるき
画像


今日は岩屋山。
画像

ここが岩屋山の最短コースかつ楽なコースかなぁ
警察学校横コースです。10:00
画像

すぐに岩屋神社があります。西側の岩屋神社です。1005
鳥居をくぐりそのまま上ると林道
画像

林道をしばらく進むと標識から入ります。
画像

↑すると、一つ目の林道を横断
画像

↑二つ目の林道を横断
画像

↑三つ目の林道を横断
画像

↑四つ目の林道に到着
画像

↑四つ目のところからは林道でもいいんですがそのままこの看板から入ります。
画像

赤いピンが立っています。ここを右です。
画像

すると、岩屋山特有の地形「THE壁」です。
画像

壁を上っていると途中に先ほどの林道からの合流があります。
画像

休まず壁を上ると・・・
画像

登ると・・・
画像

防火広場に到着。
画像

すると5分ほどで山頂です。10:45
画像

今日は渡り鳥を見ようとたくさんの人がいましたよ。
画像

3月上旬は鹿児島出水平野からの鶴が長崎上空を通ります。
※私は待てませんでしたが山の中を歩いていた時、鳴き声聞こえましたよ(;^ω^)

岩屋山は気軽な山ですが危険がいっぱい
画像

小江原や岩屋神社(虹ヶ丘小学校)からは上りやすいのです。
↑写真右へ行くと岩屋神社

今日、私は北側に行こうと計画しています。
画像

山頂後ろの入り口・・・?!すると
画像

ちょっと読みにくいですが、このコースは初心者はダメ、とか、夕方は入らないようになど書かれていて
気を引き締めてはいるのです('◇')ゞ
画像

岩尾根が続き・・・
画像

ここまではよかったんですが・・・
画像

ここを右に行ってしまい違うところに出て戻る。
さらに、左に行くと・・・
画像
画像
画像
画像
画像

画像

いつしか違うコースになっていて・・・
画像

カエルの大合唱の沢に出会いました。
画像

標高的に280メートルくらい、山頂から200メートルくらいは下りたんですがまったく表示が消え
何度もこのあたりをウロウロ・・・戻ることにしました。
画像

あ〜怖かった。夕方だったら戻れない。体力もだいぶなくなり怖かった。

下山は分かるところに進み
画像
画像
画像
画像
画像

式見ダムにつきました。1400

今回は地図もあったし時間もあったけど、山の中で迷うと怖いですね。
とりあえず下ればいいかではなく、とりあえず戻るが基本です。

来週またチャレンジします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

山口広助の著書

画像
広助の『丸山歴史散歩』
2007年第2版発行
完売
定価1,080
(本体1,000円)
「広助の『丸山歴史散歩』
〜くんち編〜」
2007年発行
完売
定価1,080
(本体1,000円)
「広助の『丸山歴史散歩』
〜花街風俗編〜」
2015年第2版発行
定価1,080
(本体1,000円)
「広助の『丸山歴史散歩』
〜くんち年番町のしおり〜」
2011年10月発行
定価1,080
(本体1,000円)
「広助の『丸山歴史散歩』
〜丸山町くんち簿上巻・下巻〜」
2014年6月発行
定価1,080
(本体1,000円)
画像
※上記6冊は自費出版
販売店:好文堂書店(長崎市浜町)
たてまつる(江戸町)
土産品店「すみや」
(ホテルニュー長崎売店内)
料亭青柳(丸山町)
上記店のみ発売中
今日の山あるき (仮称)山口広助のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる